• 社会とともにイキイキと生き続ける力を

    引き出す教育を追求し続け、社会に貢献する

    一般財団法人 活育教育財団

  • 設立趣意

    未来を見据え、イキイキと生き続ける力を引き出す教育を探求・実践する

    戦後70年近く、日本の教育制度の基本方針は変わっておりません。その基本方針とは、大学で専門家を養成することを頂点とし、必要な知識や技能を段階的に小学校から積み上げていくという、知識詰込型/偏差値特化型の方針です。この教育方針は、日本における高度経済成長期に上手くフィットし、日本の再興に大きく貢献した制度であったといえます。

     しかし、現在や未来と照らして考えた際に、大きな疑問が湧いてきます。今の日本の教育方針や教育制度は、現在/未来にもフィットしたものとなっているでしょうか?

     

     今現在、世界はめまぐるしく変化を続けています。日本では少子化・高齢化が進み、人口は減り続けています。日本市場は縮小していく一方で、テクノロジーは発達し、グローバル化は急速に進み、生き方や働き方は多様化しています。これらの現象により、数年後の世界を正確に予測した上で行動し幸せな人生を歩むことが、既に容易なことではなくなっています。このような環境において、知識詰込型/偏差値特化型の教育を受けた子供は、一体どのように彼らの人生を生きていくのでしょうか?

     

     これからの未来、更に大きく世界は変化していきます。テクノロジーの発達やグローバル化は更にそのスピードと規模を増し、未来における不確実性は更に高まります。今の小学生のうち65%は、今は存在しない職業に就くであろうという研究結果も出ているほどで、「未来は不確実であるという点だけが確実である」とさえ言えるかもしれません。これからの未来に生きる人々には、正解のない不確実な社会を、自分らしくイキイキと生き抜く力が必要とされているのではないでしょうか?

     

     設立者はこのような基本姿勢に立って、教育事業を通じ、人々がイキイキと生き続ける力を引き出すことで、将来の社会の健全な発展に資することを期し、財団法人活育教育財団の設立を決意いたしました。
     活育教育財団は、「社会とともにイキイキと生き続ける力を引き出す」教育の探求・開発・実践・啓蒙・助成活動を行う団体であります。

     

     ご賛同者様からのご支援により、この目的が遂行され、社会貢献ができれば、設立者の喜びとするところであります。何卒、関係ご当局のご理解とご支援をお願いする次第であります。

     

    平成26年12月22日 設立者

    財団法人活育教育財団 代表理事 諸藤周平/野﨑智成

  • ミッション

    社会とともにイキイキと生き続ける力を

    引き出す教育を追求し続け、社会に貢献する

    活育教育財団は、「社会とともにイキイキと生き続ける力を引き出す」 というミッションを掲げ、これを実現するために2015年4月から活動を開始しました。「イキイキと生き続ける」とは、下記のサイクルを回し続けることができていることであると定義しています。

    1. 自分が夢中になれる領域を自分で見つけることができている
    2. アウトプットを出すために主体的に継続学習している
    3. 学習した内容をもってチャレンジができている
    4. チャレンジした内容からアウトプットを出すことができている
    5. 出したアウトプットが夢中になっている領域に貢献できている
    6. 貢献したことをもって、更に夢中になる(→1. へ。)
  • ビジョン2030

    活育で日本をイキイキと!

    〜活育を日本の教育界に浸透させ、日本一の活育体現者へ〜

    ※「活育」

    「社会とともにイキイキと生き続ける力を引き出す教育」のこと。※詳細はミッション参照

    ※「『活育』を日本の教育界に浸透させる」

    活育という言葉だけでなく、その概念自体が教育業界で遍く認識されている状態となっていること。

    ※「日本一の活育体現者」

    自らが活育の実践者となると同時に、他教育団体とも協力しながら活育の概念を啓蒙し普及させることで、活育を推進する最も先進的な団体となっていること。

  • 事業内容

    ビジョンを達成し、ミッションを追求し続けるために

    1. イキイキを引き出す教育機関の設立運営

    活育教育財団では、新しい教育機関を設立し運営することで、「イキイキと生き続けるとはどういうことか。その力を引き出す教育とはどんなものなのか」を考え続け、実践し続けていきます。

     

    ▼Katsuiku Academy Camp

    Katsuiku Academy Campは、活育教育財団、イマジネックスがタッグを組み、これまでにない新しい21世紀型の教育キャンプを実施しています。

    http://www.katsuiku-academy.org/

     

    ▼活育スクール(仮)の開校、運営

    これまでにない、全く新しい21世紀型の学校を創ります。
    ※詳細は近日公開予定

    2. 他教育団体への支援事業

    活育のミッションと同じ志を持って活動している、他教育団体や個人への支援活動を行います。

     

    ▼Eduvation Hub

     活育を推進し続けるため、活育イノベーションを生み出し続ける場を

     創出します。参加するイノベーターには、様々な支援を行います。

     対象となるイノベーターは起業家に限りません。社会起業家・教師・

     大企業でのイントレプレナーなど、活育の推進を志向する方であれ

     ば、どなたでも支援していきます。

     https://eduvationhub.blog/

    3. メディアの運営

    「イキイキと生き続ける」とはどういうことなのか、その調査研究で得た知見を紹介し、活育の更なる探求と啓蒙活動を行います。

    ※詳細は近日公開予定です。

  • メンバー

    諸藤 周平

    代表理事

    (株)エス・エム・エス(東証一部)の創業者であり、11年間にわたり代表取締役社長として同社の成長を牽引。

    同社退任後2014年より、シンガポールにてREAPRA PTE. LTD.(https://reapra.sg/)を創業。アジアを中心に、数多くのビジネスを自ら立ち上げる事業グループを形成する。

    個人としても創業フェーズの企業に投資し多くの起業家を支援し、人の学びや成長に強く興味を持つ。活育教育財団の共同設立者であり、代表理事。

    1977年生まれ。九州大学経済学部卒業。

    野崎 智成

    代表理事/業務執行理事

    活育教育財団の共同設立者であり、共同代表理事。
    2014年に(株)エス・エム・エスへ参画、10名ほどのスタートアップの状態から営業部門・マーケティング部門・管理部門・新規事業開発・事業統括などを歴任し会社の成長へ貢献。
    2014年に同社退社、「イキイキと生き続ける力を引き出す」をミッションに、株式会社Vilingホールティングズ・一般社団法人活育教育財団を共同設立。
    中高生向けキャンプ事業、学校法人での特別授業などを行いながら、全く新しい学校の設立へ向けて準備活動中。

    萩原 国啓

    理事

    ゼロトゥワン代表取締役社長

    ソーシャルアントレプレナーズアソシエーション代表理事

    ピースマインド創業者

    慶應義塾大学経済学部卒。

    1998年に個人・組織のメンタルヘルスサポートを行うピースマインドを創業。日本初のオンラインカウンセリングサービスを事業化。以後、心理・行動科学の専門性を活かした人と組織のサポートを600以上の組織に提供する従業員支援プログラムのアジア最大手企業に成長。
    2016年ソーシャルイノベーション創出と志高い起業家輩出のために、ゼロトゥワンを設立。ライフワークとしても多くの起業家/経営者のメンターとしてサポートしながら経営を実践。
    2018年社会起業家育成のために一般社団法人ソーシャルアントレプレナーズアソシエーション設立。

    桑畑 英紀

    理事

    日系大手電機メーカー、および一般消費財世界最大手の米系企業日本法人にて、人事戦略・組織開発の各種プロジェクトを主導。

    組織・人事分野コンサルティング世界最大手マーサーコンサルティングの日本法人にて、組織・人事改革コンサルティング部門代表・取締役を歴任。

    2008年より、株式会社イマージェンスの代表取締役社長。イマージェンスは、組織・人事改革、リーダーシップ開発、教育・研修等のコンサルティング会社。

    この他、株式会社リョーサン、株式会社りそな銀行(元)社外取締役、電通アライアンスパートナー 、ISL(Institute for Strategic Leadership)幹事・ファカルティなどを務める。

    著書:「『死に至る病』から会社を救う」 (日本経済新聞社刊)、「強い組織をつくる」(PHP研究所刊)、「アニマルシンキング『思考グセ』からの脱却法」(監訳、英治出版刊)、「自分ゴト化~社員の行動をブランディングする」(ファーストプレス刊)。他、日経新聞、ビジネス誌等に論文・記事多数 。

    竹川 隆司

    理事

    野村證券にて国内、海外(ロンドン)勤務等を経て、2011年より米国ニューヨークにてAsahi Net International, Inc.を設立。

    同社代表取締役として、高等教育機関向け教育支援システム事業のグローバル化を推進。

    2014年より東北の復興支援活動に参画、発起人代表として「東北風土マラソン&フェスティバル」立ち上げ。

    同時に、一般社団法人インパクトジャパンにて、カタールフレンド基金の支援を受けた、東北での起業家育成・支援プロジェクト「INTILAQ」を主導、仙台市にイノベーションセンターを設立。2016年同センターにzero to oneを創業。
    2017年一般財団法人活育教育財団理事に就任。

     

    2006年ハーバード大経営学修士(MBA)。

  • 概要

    法人名

    一般財団法人 活育教育財団

    設立年月

    2015年 4月

    所在地

    〒107-0062 東京都港区南青山2丁目11 南青山2-11-17 第一法規本社ビル2階

    連絡先

    info@katsuiku.org

  • 協力企業

    Viling Pte Ltd

    社会とともにイキイキと生き続ける力を引き出す

    Viling Venture Partners

    教育領域特化型の独立系ベンチャーキャピタル

    教育にイノベーションを起こす企業の創出を目指し、主にアジア・ヨーロッパを中心とした教育領域に特化したシードステージのスタートアップ企業への投資や、起業家に対するインキュベーション支援・アクセラレータプログラムの運営を行っています。

    http://www.vilingvp.com/

    株式会社ヴィリング

    子供達の夢中を引き出すSTEM×探求型教育カンパニー

     株式会社ヴィリングは、学童保育「スイッチスクール」の運営と小学生向け理数・ロボット・プログラミングスクールSTEMON(ステモン)の運営をしています。

    http://www.viling.co.jp/

    Venturas Ltd

    バングラディッシュを拠点とする教育事業ベンチャ−

     ベンチュラスは、バングラディッシュで学生たちにパーソナライズド教育のプラットフォームを提供しています。また、バングラディッシュの新興マーケットの成長に貢献する「学習」と「働くこと」に関連するビジネスを展開していきます。

    株式会社zero to one

    最先端の「学びのプラットフォーム」を構築

    学生、社会人、経営者向けの教育、研修
    インターネットをベースとする電子教育サービス業務
    IT活用、デザイン、ソフトウェア開発に関する教育、研修
    https://zero2one.jp/

  • アクセス

    東京都港区南青山2-11-17 南青山第一法規ビル2階

  • お問い合わせ

    ご不明な点やご質問がありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。